2016年12月9日金曜日

角松敏生35周年記念ライブ 〜逢えて良かった〜を観て・・・

 私が大学生だった頃は、ニューミュージックが全盛期で、空と海と恋!みたいな夏にぴったりの音楽で輝いていた時代がありました。そんな中で、特に私が好きでたまらなかったのが、角松敏生でした。当時つき合っていた彼とよく海に行った時、その優しかった彼と別れた時、その後なかなか立ち直れなくて、夜の神戸の海を泣きながら一人でドライブした時.....ずっと角松さんの音楽を聴いていました。無事立ち直り(笑)前向きに歩き出せたのも、角松さんの音楽のおかげです。。。
On The City Shore 👈クリック!
 角松敏生さんは今年でデビュー35周年を迎えられました。先日、横浜アリーナでの【角松敏生35周年記念ライブ】の模様をBSでやっていました。「今ここに辿り着くまでに、皆が僕と出会えて、僕も皆と出会えた。僕をきっかけに出会えた人達もいる。人との出会いってほんと奇跡に近い事だと思うし、そういう意味もあって、〜逢えて良かった〜というタイトルをつけた」と話していました。角松さんが歌う懐かしい彼のオリジナルメドレーは、もう嬉しくて、私もテレビの前で(笑)一緒に歌いましたが、その長い年月を経て、角松敏生は未だに進化しているのだと感じました。大勢の大物ミュージシャンや様々な方と共演することのこだわりや、彼の作る曲のジャンルの幅の広さなど、彼がいかに天才であるか、それを私も今だからこそ実感出来るようになったのかなぁ...とも思ったりしています。「人は2度死ぬ。1度目は本当に死んだ時、2度目は自分の存在を忘れ去られた時。そう思ったら、自分の事を忘れられないように、人々に歌い継がれていくような楽曲を作りたいと思う。簡単な事ではないけれど・・・」と語っていました。彼の作った曲で、《WAになって踊ろう》の中で『悲しいことがあればもうすぐ楽しいことがあるから、信じてみよう』なんて、元気を与えてくれる素敵な言葉だと思います。角松さんも今まで歩いてきた人生の中で、いろんなことを乗り越えられて来たからこそ、人の心の痛みもわかるんだな〜と思えたりします。年追うごとに深みを増して輝いている角松さんから、これからもずっと目が離せません!

2016年12月2日金曜日

ラスカルズの志賀さんに、心を込めて.....

 この秋の【 New Orleans Jazz at Church 2016 】は、ニューオリンズラスカルズのトランぺッターで、7月に永眠された志賀奎太郎さんの追悼コンサートでした。祭壇には志賀さんの写真が飾られ、笑顔でビールを掲げておられる姿は、ついこの間のような気がします。
NORの福田さん(tb)志賀さん(tp)木村さん(ds)の子供達と
お客さんの中には、志賀さんの同級生で、同じバスケ部だった女性も来られてましたし、もちろん志賀さんのご家族の方もお見えになっていました。志賀さんの奥さんや、そして何より、子供の頃ラスカルズの合宿であちこち演奏旅行に行った時に、一緒に遊んだ志賀さんの娘さんやメンバーの息子さん達も来ていて、久しぶりの幼なじみの再会に盛り上がりました〜(^0^)!
 フォーティーズ、マホガニーホールストンパーズ、レッドビーンズ、キッチンファイブ、そしてゲストに、東京から『ニューオリンズジャズハウンズ』が出演され、ジャズバンドの演奏が2時〜5時半まで続きました。それぞれのバンドが、志賀さんとのエピソードを語ったり、思い出の曲などを演奏されていましたが、特に感動的だったのが、ラスカルズの演奏の時に、志賀さんが最期にニューサンで演奏しながら歌われた《 Precious Lord, Take My Hand 》の録音を流した事でした。リーダーの河合さんが、「この曲は、“神が私の手を取り、導いて下さる”というゴスペルですが、これが、彼が最期に演奏し歌った曲になりました。どうぞ皆さん、彼の最期の歌を聞いてやって下さい。」と話した後、その録音を流したのですが、これには涙をそそられました。
ニューオリンズレッドビーンズ with TonTon
ニューオリンズトランペッターのバンク・ジョンソンを愛した、素朴で、まるで歌っているような志賀さんのトランペットの演奏が流れ、その後、病気で体力がなくなり、それでも精一杯の力で歌っている志賀さんの歌が続くのですが、彼が歌い終わったところから、その録音に重ねるように、最後の1コーラスをラスカルズの生演奏に切り換えて終わるという、河合さんの粋な計らいには、とてもとても感動しましたー!
 ラスカルズのプレイヤーであり、たくさんのゴスペルやトラディショナルソングを歌われた志賀さんから、私も心に響いた曲を、よく志賀さんに聞き、教えてもらいました。この日は私も志賀さんの歌で印象に残っている《 I'm Nobody's Baby 》、ゴスペル《 He Touched Me 》と《 In The Garden (天国で)》を心を込めて歌いました。。。

2016年11月25日金曜日

第16回 新宿トラッドジャズフェスティバル Part2

この日は屋外ステージから始まり、その後『どん底』というお店で1曲飛び入り参加しました。『どん底』は中に入ると薄暗くて、狭い階段をグルグルと3階?まで上がって行きます。
河野義彦さん(左)と風間晶世さん(右)  -『どん底』にて-
まるで洞窟に入って行くような、遊園地のアトラクションみたいな感じ(笑)でも、意外とこの屋根裏部屋みたいなとこでの演奏は、音響もいい感じでとってもやりやすいのです。ここでは、遠藤くんのピアノとベース、バンジョーのトリオに、河野義彦さんと風間晶世さんのクラリネット2本でのニューオリンズスタイル。ストリングスだけのリズム体で演奏するスタイルは、二人のクラリネットのリズムとハーモニーの美しさが際立ち、なかなか素敵なライブでした。そこで私は《 In The Garden 》を歌いました。シンプルなサウンドに、賛美歌とクラリネットって、なんて合うんだろう!(^o^)♪
 私の最終ステージは、今回とても楽しみにしていた小林創さん(p)、小林真人(b)さん、そして後藤雅広さん(cl)とのステージでした。このメンバーでやるなら、絶対ブルースは欠かせない!と選んだ曲は《 Fine & Mellow 》。さすが、メンバーの皆さん、素晴らしいソロ演奏を聴かせてくれました!
小林創さん(p) 後藤雅広さん(cl) 小林真人さん(b)
特に、スローテンポで唸らせるベースソロを弾く小林真人さんってやっぱり凄い!『こんなピアニスト見たことない!』と、以前ブログに書かせて頂いた小林創さんが、ニコニコと鼻歌交りでストライドピアノを弾きながら演奏される姿は、ジャズの楽しさを客席にまで伝えるエンターテイナーです。そして、せっかくクラリネットの後藤さんとご一緒出来るなら!と、今回は賛美歌ではなく、《りんご追分》を歌いました(笑)「尺八みたいに吹けばいいのー?」と優しい笑顔でおっしゃる後藤さんはさすがプロ!初見でバッチリ吹いて下さいました〜。他《 Mack The Knife 》など、私も楽しみながら、スリルと緊張も感じた、とってもやりがいのあったステージでしたー!

【お知らせ】 ラスカルズのネット番組が配信されました!jazz-osaka.com 👈(クリックしてみて!)にアクセスして頂くと見れますので、是非ご覧になって下さいね〜。リーダーの河合さんやニューサンマスターのインタビュー、私もラスカルズで《 St. Louis Blues 》を歌っています♬

2016年11月18日金曜日

第16回 新宿トラッドジャズフェスティバル Part1

『新宿ジャズ』の大将、永谷さん(中)
実は私は東京生まれで、母の実家も成城だったので、東京にもたくさん親戚がいて、毎年『新宿ジャズ』に来てくれます。年に2回の『新宿ジャズ』は、こうして定期的に東京の知人に再会できる楽しみでもあります。新宿ジャズの大将こと永谷正嗣さんに、東京で歌う機会を頂ける事は、私にとって更にたくさんの方々とご縁ができると共に、またそのご縁を絶やさないでもいられて、本当に心から感謝しています。
 私の最初のステージは、大橋高志さんのピアノトリオ。関西出身の大橋さんはとっても明るいキャラで、会場に入ったら、いきなりメンバーやお客さんにペラペラ話しかけ、演奏前から会場の雰囲気をほぐしてしまいます。ステージが終わった途端、お客さんに「ハイ、解散、解散!」って言うんだよ〜(笑)確かに、ジャズストリートは次々にプログラムが組まれてて、お客さんもミュージシャンも忙しいんだけどね (^^;;) そのあっけらかんとした元気印は、私も見習いたいほど!そして何より歌心あるピアノ演奏は、歌手を気持ち良く酔わせてくれます。この日大橋さんは、私の大好きなジャズシンガー、マリア・エヴァさんとのジョイントもありました。そのエヴァちゃんとも、控え室で久しぶりに会えました!
屋外ステージもあります!
と、そこに7月にニューサンでライブをしてくれた、なっちゃんこと古川奈都子さん(p&vo)も現れて3人でお喋り。イベントは、こうしてミュージシャン同士が会える楽しみもあります。
この日もう一つの私のステージは、新潟で活躍している『リバーサイドジャズバンド 』と。新宿ジャズは、屋外ステージもあり、これぞまさに『ジャズストリート』です (^0^)♪「来年1月の『新潟ジャズストリート』にもまた行くよ!」と声をかけて下さるお客さんもいらっしゃいました。10月から、神戸、東大阪、新宿と秋のイベント、ジャズストリートが続きましたが、冬も新潟でジャズストリートがあります。新潟の冬は寒いですが、また楽しく盛り上がりましょうね〜!

2016年11月11日金曜日

NS5 ホームページ更新のお知らせ

 いつもニューサンのホームページをご覧になって頂き、そして、TonTonブログも読んで下さってありがとうございます!ニューサンのホームページは、毎年12月に更新致します。
クリス/ミッチ/ママ/純一  -46周年祭-
 ニューサンに、マンスリーで出演して頂いてるバンドやミュージシャンを、《LIVEスケジュール》の ♦︎主な出演バンド・ミュージシャン紹介♦︎ に追加しましたし、バンドの写真も一部載せました。
 《映像/フォトギャラリー》での最初の映像は、毎年ニューサン周年祭の模様を載せています。今年は、MITCHを中心としたニューオリンズジャムセッションで、私が【St.Louis Blues】を歌っているのを載せました。2番目は、毎月第4火曜日出演の、人気上昇中ファンクバンド『Heartful☆Funks』です。ボーカル富樫くんのオリジナルはどれも素敵な曲ばかり。特に、彼らのホームページでも紹介している【Give Me Your Clap】は、ドラマの主題歌かコマーシャルにでも使って欲しいくらいいいですよ!お客さんも思わず踊り出します。最後の映像は、ニューサン開店当時から、メンバーは変わってもずっと続いている、第2/第4水曜日出演のスイングジャズバンド『フラット5+原田紀子(vo)』。スタンダードナンバーを始め、デュークエリントンなどのスイングジャズを聴かせてくれます。
Heartful☆Funks
原田紀子さんは、関学軽音楽部の頃から半世紀以上に渡り、たくさんのスタンダードジャズナンバーを歌い続けていらっしゃいますが、今だに新しい曲を次々に覚えて歌われる、尊敬すべき大御所ジャズシンガーです。これらの素晴らしいバンドがあることを、初めてホームページを見られた方にも、是非知って頂きたいと思います。
 《フォトギャラリー》では、今年ニューサンにお越し下さった方との写真も一部載せています。
 これからも、引き続きニューサンのホームページをお楽しみ下さい。そして、ミュージシャンの素晴らしい生演奏を聴いたりお喋りをしに、お店にお越し下さいね〜。お待ちしています!

2016年11月4日金曜日

ステージには魔物がいる?

 今年の【東大阪・鴻池 JAZZ STREET】は、お天気には恵まれたものの、急に冷え込んだ寒い1日でした。そういえば、初出場の時は季節外れの猛暑で、2回目の出場は寒くて、今年はもっと寒かった〜。最近は過ごしやすい秋がなくて、10月上旬の【神戸ジャズ】の頃は夏のように暑いし、下旬はコートがいるほど寒いしで、新潟から限られた衣類を持ってくる私にとって、この季節は毎年衣装に迷います。
魔物が潜む?『鴻池新田会所』
 江戸時代に作られた木造の米蔵、重要文化財である『鴻池新田会所』は、天井が高くて音の響きも良く、気持ち良く演奏させて頂いたのですが、まるでお寺のようにだだっ広いので、とても寒かったです。「寒いね〜」と言いながら、コートにマフラーを着けたままで聞いておられるお客さんもいらっしゃいました。それでも、そこに座って最後まで聞いて下さったのには感謝です。ありがとうございました!
 逆にステージ側にいる私達は、張り切っての薄着です(笑)。私の出番の前に演奏されていた、バイオリニストのReikoさん(最近ではモンデューでも共演されている)も、背中の大きく開いたワンピースでしたし、私も半袖のワンピースで歌いました。上着を脱いだ瞬間は「さぶっ!」と思ったのですが、不思議とステージに上がるとそんなこと忘れちゃうんです。
明るく爽やかな 『カフェ チェルシー』
『ステージには魔物がいる』という言葉がありますが、ステージに上がるとアドレナリンが出て、普段の自分からは想像もつかないようなパワーが出て来ます。以前私は東京でのコンサートの前にインフルエンザにかかってしまい、点滴をしたり、解熱剤を飲んでもあまり熱が下がらず、そんな状態で歌いに行ったことがあります。出番の直前までフラフラしてたのに、ステージに上がったら意外としっかり歌えたし、終わったら何と熱が下がって、そのままインフルエンザも治りました!(@0@)  美空ひばりさんも、お亡くなりになる前のコンサートでは、出番まで点滴をしながら楽屋で横になり、舞台袖までは車椅子で移動されたそうですが、ステージではしっかりご自身の足で立って歌われたそうです。不可能を可能にする人間の底力って、神秘ですよね〜。私にとっての『ステージの魔物』は、いつもいい魔物なんです!(笑)

2016年10月28日金曜日

11月/12月のジャズイベント&スペシャルライブのお知らせ

御堂筋から見える大阪駅の夕暮れ
新宿トラッドジャズフェスティバル
11月12日(土)
 ● 13:00-13:40 『T&T Ⅱ 8F』 
  大橋高志(p) 古里純一(b) 後藤おさむ(ds)
   ● 15:50-16:30 『ELSA』  
  リバーサイドジャズバンド
11月13日(日)
 ● 12:00-12:30
 『東急ステイ新宿前特設会場』 
  リバーサイドジャズバンド
 ● 14:00-14:40 『シャンソニエQui B1』 
  小林創(p) 小林真人(b) 後藤雅広(cl)
★ 今年の新宿ジャズは、最後のステージが、W小林さんとクラリネットの後藤雅広さんという豪華メンバー!厳かに?盛り上がりそう!(^0^)〜♪

《 ニューサン定期ライブ 》
11月21日(月)  多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds)

New Orleans Jazz at Church / Autumn Concert 》 〜 故 志賀奎太郎さんに捧ぐ 〜
11月27日(日) 14:00-17:30  場所:島之内教会  前売券:2,000円 当日券:2,500円   
★ 今年7月に亡くなられたラスカルズの志賀さんを偲んで・・・。私も志賀さんがよく歌われていたトラディショナルソングや賛美歌をお贈りしたいと思います。

経済コメンテーターとしてTVでご活躍の朴先生(中)
《 Christmas Special Live at NS5 》
    〜アンディのクリスマスソング特集〜
12月19日(月) 
  多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds)
★今年もアンディのクリスマスソングと心洗われる賛美歌をたくさん歌います!

《 神の手 Dr.福島孝徳 &
 東京オールドボーイズ/クリスマスライブ 》
12月23日(金) 
  場所:浅草HUB  開場:17:00 
 ● 1st  (18:20-19:00) Old Jazz & Hymns  
 ● 2nd (19:30-20:10) American Hit Songs 
 ● 3rd  (20:40-21:20) Christmas Hit Songs