2017年7月19日水曜日

新潟ジャズストリート30回記念!

 今年の新潟ジャズストリートは、地元新潟で応援して下さっているファンの方々に加えて、佐渡演奏旅行に参加して下さったお客さんが、大阪や東京、千葉、長野、長岡など遠方からもたくさんお越し下さり、例年以上に賑わい、私達もとても楽しかったです!
市民プラザにて
日曜から佐渡へ向かったので、ジャズストリートの参加は土曜日だけで、最初の会場は『市民プラザ』でした。ここでは、新潟ジャズストリート30回記念事業ということで、【ジャズ100年の変遷】と題し、アメリカのルーツ・ミュージックであるブルース、ブルーグラス、カントリー、そしてデキシー、スイングから近年のフュージョンに至るまでのジャズの様々なスタイルを、地元新潟で活躍しているミュージシャンの演奏で、全ての音楽を聴いて頂くという企画でした。もちろん私達リバーは、一番古いスタイルのジャズであるニューオリンズジャズ&デキシーの代表として演奏し歌いました。そこで私は《St. Louis Blues》や、その頃の時代背景を歌った《The Darktown Strutter's Ball》、ラブソングでは《My Man》を歌いました。ブルースって、ロクでもない男に惚れてしまって、それでも離れられない女の哀れな想いを語った歌が多いんだけど、昔の男って、そんなにロクでもない男ばっかりやったんかなぁ・・・。
テニス仲間と -ぽるとカーブドッチにて-
でも、バカな男ほど可愛いっていうしね 〜、やっぱ今も昔も男ってロクでもないんだー!なーんて言ったら怒られるね (^^;;) すみません!
 そして夜は『ぽるとカーブドッチ』。埠頭にあるこの会場はとても素敵で、また天井が高く音響効果も抜群なので、いつも私は美しいバラードを歌って酔いしれます(笑)。リバーは、意外と歌えるミュージシャンがいて、今回はバンジョーの田中丈士くんも《Exactly Like You》を歌ってくれました。私はいつもミディアムスローで歌うんだけど、丈士くんはアップテンポで3コーラス、後半に行くほど歌詞のノリも良く、とても盛り上がります。今回、私の歌はリバーで初めてやる曲が何曲かありましたが、いつもリハする時間もないのに、打ち合わせだけで演奏出来るところがすごいね!特にピアノは重要パートなんだけど、遠藤くんは仕事帰りにスタジオ借りて一人練習したりしてくれてたんだってー!その情熱に感謝!(;_;) そんな遠藤くんのピアノで、この日私の最後の曲は、《Dream》。「皆さん、今夜は素敵な夢を見て下さいね〜」と心を込めて・・・
 そしていよいよ、初の佐渡演奏旅行へと続きます。。。

2017年7月10日月曜日

夏のジャズイベントのご案内

佐渡カーフェリー『ときわ丸』
★ 7月15日(土)【新潟ジャズストリート】《リバーサイドジャズバンド》   ¥1,000
● 新潟市民プラザ NEXT21  6F   14:00 〜 14:30
● ぽるとカーブドッチ      18:00 〜 20:00
 注)今年はリバーは土曜日だけの出演です。 
 
* この度の新潟ジャズストリートでは、30回記念として【ジャズ100年の変遷】と題し、ジャズの様々なスタイルを、地元新潟で活躍しているミュージシャンが演奏します。もちろん、リバーはジャズの始まりであるニューオリンズジャズを演奏します。今回の新潟ジャズストリートの大きな行事でもあるので、是非、市民プラザ大ホールに足をお運び頂きたいと思います。

★ 7月16日(日)     入場料:前売り¥2,500(当日¥3,000)
 リバーサイドジャズバンドと行く【Enjoy New Orleans Jazz in 佐渡】 
  ● JAZZ BOAT(佐渡カーフェリー内)  演奏1時間ほど 時間未定 
  ● 会場:佐渡相川春日崎 春日神社『能舞台』 16:30 〜 18:30 (開場 16:00)
  ● 春日崎『ホテルあづま』1Fロビーにてアフターセッション  21:00 〜
 * 朝9時20分発の大型フェリーで佐渡に向かいます。2時間半の船旅の間に、船内のステージで1時間ほどのジャズ演奏をやります。相川では「ジャズバンドが来るらしい!」と大騒ぎになっているらしいですが(笑)、なんせ初めてのことなので、お客さんは来てくれるかな〜(^^;)

佐渡相川春日崎 春日神社『能舞台』
★ 7月31日(月) ニューサントリー5
【Ton Ton Special Live】 19:30 〜 22:30
 杉山悟史(p) 山本久生(b) 木村‘王子’純士(ds)
 * 今月第三月曜日は祭日で定期ライブはお休みなので、今月は今をときめく若手ミュージシャンとライブをすることになりましたー!是非、聴きに来て下さいね。。。

★ 8月21日(月) ニューサントリー5
【Ton Ton 定期ライブ】 19:30 〜 22:30
  多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds)


★ 8月24日(木)  【NS5 47周年記念ライブ】
    Ⅰ   19:00 〜 19:40 《NS5 ニューオリンズジャズバンド》
      風間晶世(cl) 福田恒民(tb) 川合純一(bj) 池本徳和(tp) 永田充康(ds) 樋口俊哉(b) TonTon(p&vo)
    Ⅱ  20:00 〜 20:40 《スイングジャズ&ボーカル》 
    武井努(ts) 多田恵美子(p) 時安吉弘(b) 永田充康(ds) TonTon(vo)
 Ⅲ 21:00 〜 22:00 《ニューオリンズキッチンファイブ》+ジャムセッション

★ 8月26日(土)【光明池まつりたそがれコンサート】 
   15:30 〜 17:30 場所:大阪府堺市光明池駅前広場   
     多田恵美子(p) 小林真人(b) 中嶋俊夫(ds) 森朋子(vo) 

2017年7月3日月曜日

リバーサイドジャズバンド《 Twilight Jazz Party 》

お客さんみんなで「ハイ、チーズ!」木藤くん(ds)撮影
草野病院ロビーコンサート翌日のリバーのライブは、新潟ジャズストリートや佐渡演奏旅行前にもかかわらず、たくさんのお客さんがお越し下さいました!古町のBar『バー・デ・無』御一行様や、割烹『神田』の女将さん、お惣菜屋さん『和夢』のママや、新潟駅前にある居酒屋『ゆた』御一行様、酒屋の『いけのり酒店』さんご家族・・・さすがお酒の美味しい新潟だけあって、お酒関係者が多い!(笑)三条からは、前日お世話になった草野病院院長夫人の恭子さんやそのコンサートに来て下さっていたお客さん、地元新潟や長岡からも!あと私のテニス仲間や駅南にある美容室『COCOR』の私の担当美容師さんご夫妻などなど.....本当にありがとうございました!
美容師の平方さんとご主人
私はトラディショナルジャズだけでなく、スタンダードジャズもたくさん歌っています。リバーはニューオリンズジャズバンドですが、そんな私の為に幅広いジャンルを演奏してくれます。今回とてもお客さんにウケた曲が《My Man》。「私の彼って冷たいし、顔だって大したことないわりに浮気もするし、嫌な奴なんだけど、そんな彼でも時に優しくされて抱かれるとやっぱりメロメロになっちゃうの」といった内容。「まあ出来の悪い男ほど可愛いって言うしね〜」と言ったら、会場は大爆笑。「何で笑うのー(?^?)」。
 それから昨日封印したはずの《365日の紙飛行機》もう一度やりました!というのは、そもそもこの歌を歌う時、宮尾さんのギターで歌おう!という話だったのに(ドラムの宮尾さんはギターも達者なので)、1月の新潟ジャズストリートの時も、今回の草野病院コンサートの時も、宮尾さんは学会で地方に行っておられ不在でした。
左から)坂口さん、坂井さん、関屋夫妻、小布施夫妻
結局宮尾さんとやらずに封印するのも心残りということで、急遽ホントにこれっきりということでサクッと短めにやりました。それにこれは内緒だけど、宮尾さんはAKBの大ファンだしね♡ 
でもこれで本当に封印です。「次回は、《天城越え》でもやりますか!」と言ったら、バンジョーの田中くんは笑顔で「はい!」と。ベースの伊藤くんは「トントン、勘弁して下さいよ〜>0<;」だって(笑)最後のステージでは、男に捨てられて、失恋の悲しみ苦しみを酒で紛らわす女の姿《St. Louis Blues》を歌って、とーっても盛り上がりました(^0^)♪
 来月は新潟ジャズストリートと、初の佐渡演奏旅行があります。さて、どうなることやら........

2017年6月26日月曜日

新潟三条【富永草野病院ロビーコンサート】2017

『草野病院ロビーコンサート』には、もう10年以上出演させて頂いているのですが、こういう長年に渡って変わらず続いていることって、何だか平和だな〜って思います。あ、でも、リバーのメンバーはごっそり変わったな(^^;)。ピアノ、ベース、バンジョー、トロンボーンが変わったけど、今のメンバーは最高の仲間です。そのメンバーは全員東京から来るので、燕三条駅に迎えに行って、草野病院に向かいます。
 草野病院に入ると、いつも院長夫人の草野恭子さんが出迎えて下さいます。恭子さんは若々しくスタイルも抜群で、とってもお洒落な美魔女です✨この日も、キラキラビジューのたくさん付いた真っ白のスニーカーを履かれて、外に飛び出して来られた足元が眩しかった(☆0☆)。バッグもキラキラのラブ&ピースが付いていて、恭子さんは光物がお好きらしいです。私も大好き!サバサバしたお人柄といい、まるで関西人みたいです。
リハの後、本番30分前に控え室に入って着替えて出てきたら、もう100人以上のお客さんが会場においでになり、あっという間の満席と立ち見にいつもビックリです!患者さんもご近所さんも、このロビーコンサートを毎回楽しみにしていらっしゃるようです。ここでの演奏はなるべくポピュラーで皆さんがご存知の曲を選びます。ジャズが好きだった亡き息子さんを思い出されて、目頭を押さえながら賛美歌《Abide With Me》を聞いていらっしゃる女性もおられ、人にはそれぞれ思い出の曲があるのだと思いました。「僕はジャズしか聞きません!」とおっしゃるお客さんからのリクエストで《Basin St. Blues》も歌いましたが、三条にもこんなお客さんがいらっしゃるなんて驚きですね〜。
メンバーと草野院長ご夫妻(左手前)
それから私は、《365日の紙飛行機》も歌いました。さすが朝ドラは皆さん見てらっしゃるようで、一緒に歌われてた方もたくさんおられましたよー。ジャズじゃないのに、メンバーもバッチリ演奏してくれました!どっかスタジオでも借りて練習してくれた?!「緊張するからもうやりたくない」とも言われたけどさ.....。はいはい、もう二度とやりませんからご安心を。。。
 打ち上げは、いつもの割烹へ。そこで、お刺身や枝豆や鯛やとろとろのビーフシチューや........お腹いっぱいご馳走になって、二次会は『Sato's Bar』というジャズライブバーへ。更に新潟に戻ってからもメンバーだけで『ゆた』という居酒屋へ・・・。どれだけ飲むねん!!

2017年6月3日土曜日

6月/7月のライブ&イベントのご案内

★ 6月9日(金)大阪『ニューサントリー5』 1st. 19:30〜、 2nd. 20:40〜、 3rd.21:50〜
   生田幸子(p) 財盛紘(b) 田中ヒロシ(ds) 森朋子(vo)

リバーサイドジャズバンド   -ぽるとカーブドッチにて-
★ 6月19日(月) 19:30 〜 22:30
【定期ライブ】 大阪『ニューサントリー5』
 多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds) 

★ 6月24日(土) 16:00 〜 17:00
新潟三条【富永草野病院ロビーコンサート】 
リバーサイドジャズバンド with TonTon(vo)

★ 6月25日(日)リバーサイドジャズバンド【Twilight Jazz Party】
  16:00 〜18:30(開場 15:30)
  会場:ジョイア・ミーア(新潟)
  入場料:前売券¥2,500
   (1ドリンク付) * 高校生以下無料

★ 7月15日(土) 【新潟ジャズストリート】 チケット¥1,000
佐渡へ行くっちゃ!
《リバーサイドジャズバンド》  
   ● 新潟市民プラザ  NEXT 21   6F  14:00 〜 14:30
      ● ぽるとカーブドッチ             18:00 〜 20:00
* 今年は、日曜日から佐渡ツアーがあるので、土曜日だけの出演となります。

★ 7月16日/17日(日/月)
【Enjoy New Orleans Jazz ! in 佐渡】 
リバーサイドジャズバンドと行く佐渡『能舞台』演奏ツアー&フェリーでジャズ演奏
 ● 会場:佐渡相川春日崎 
   春日神社『能舞台』16:30 〜 18:30(開場 16:00)
    ● 入場料:前売り¥2,500(当日 ¥3,000)
* リバーの合宿を佐渡でやろう!が転じて、佐渡演奏ツアーになりました。佐渡市、教育委員会、佐渡観光協会からの後援や、また地元の方にも協力して頂き感謝です。お陰様で、大阪や東京、新潟からもたくさんツアーの参加があり、とても盛り上がりそうです!

★ 7月31日(月)大阪『ニューサントリー5』1st. 19:30〜、 2nd. 20:40〜、 3rd.21:50〜
   杉山悟史(p) 山本久生(b) 木村 ‘王子’ 純士(ds) 森朋子(vo)

2017年5月27日土曜日

Do-Live DORA !

 【新宿ジャズ】の翌日は、初めて永谷正嗣さんの経営する居酒屋さん『銅羅(どら)』で、“昼下がりのライブ”に出演させて頂きました。土曜、日曜、祝日の1時から4時半までジャズライブをやっていて、ジャズファンやたくさんの方に気軽にジャズを楽しんでもらおうと無料で開放されています。
板谷大(p) 新井健太郎(b) 菅野淳史(tp) TonTon(vo)
お客さんはそれぞれドリンクやおつまみを持ち込んでもオーケーだし、お店にもビールやペットボトルなどが置いてあり、コインを払って飲むような自由な感じです。
 この日まずは、リバーサイドジャズバンドの演奏でスタートしました。前日に新宿ジャズがあったのでお客さんは若干少なめだったけど、それでも新宿ジャズに来られたお客さんや、大阪から来られたお客さんが聴きに来て下さってとても嬉しかったですよ!私はリバーでは、永谷さんからのリクエストで、鶏はとっても美味しいよ!という《Chicken Ain't Nothing But A Bird》など3曲ほど歌いました。
その後永谷さんが「今日はトントンたくさん歌って下さい!」と言って下り、プロバンドとの共演もありました。メンバーは、板谷大さん(p)、新井健太郎さん(b)、菅野淳史さん(tp)。
永谷さんのお店『銅羅(どら)』
板谷さんは、先月大阪島之内教会でご一緒させて頂いた北海道出身のジャズピアニストで、私のブログでもご紹介させて頂いています。新井さんは、リバーの遠藤くん達と同じ早稲田ニューオリ出身で、プロのベーシストとして活躍されています。菅野さんは、さすが永谷さんが只今大売り出し中のトランペッターだけあって、サッチモからポップスまで幅広いジャンルを粋な演奏で聴かせてくれました。私の歌伴では、大した打ち合わせもできなかったのですが、緊張感の中で互いの空気を読みながらバッチリ演奏して下さったところは、さすがプロフェッショナル!そしてさらに、そこにクラリネットの後藤雅弘さんがジョイントされ、ベテランの後藤さんが、若手の才能あるミュージシャンと交わって演奏される様は、スリル満点、最高にホットで楽しいジャズを聴かせてくれましたよ!後藤さん、この日は最近発売されたご自身のCDを持って来られ、MCで、「あの、CD作りましたので、良かったら聴いて下さい。値段は2千円です。安いですよね〜」とニコッと。後藤さんってホントに謙虚で可愛い方です!(^_^)

2017年5月19日金曜日

新宿春の楽しいジャズ祭り2017

 今年の新宿春ジャズは、この時期にしては、寒くて冷たい雨が朝から降っていました。こういう日は客足も途絶えがちですが、このイベントの大将である永谷さんいわく、今までで一番入場者数が多かったそうな。雨にも負けずジャズを聞きに来て下さるファンが増えているというのは、嬉しいことですね!
「ヒールのある時!(^o^)」 都庁スイングビーツと
私の最初のステージは、年に一度の共演ビッグバンド、都庁スイングビーツとでした。20年前に知り合った頃のメンバーとは随分変わりましたが、若い女性メンバーも増え、守屋純子さんの難しいオリジナルもこなし腕を上げています。今回は《I've Got The World On A String》を、シナトラ気分で気持ちよく歌わせて頂きました。
 が!この後とんでもないハプニングが待っているとは思いもしませんでしたー!何と、大ホールで歌った後、ハイヒールの底が取れちゃいましたーー!(>0<;;) この後のステージは、会場まで履いて来たぺったんこの靴に履き替えて歌うしかなかったので、なんかテンション下がったなー。でも考えようによっては、ステージ降りてからで良かったよ。もしステージの上で歌ってる最中にヒールがもげてたらどうなってたんだろう.......(@o@)と思うと、不幸中の幸いと思う事にしました〜(^0^;)
「ない時!(>_<)」細野賢(ds) 矢野伸行(b) 高浜和英(p) 
私は以前、衣装を新潟に全部忘れて来たこともあるんですが、まあ、こういう失敗は後になると笑い話です。事実、この後のリバーサイドジャズバンドでの演奏で、この話をしたら大ウケでしたから(^_^;)
 最後のステージは、高浜和英ピアノトリオでした。高浜さんは10年くらい前、新潟で水森亜土ちゃん(vo)のライブや、二胡のチェンミンのコンサートのバンドメンバーとして来られ、その前座にリバーが出演した時からのお知り合いで、ニューサンにも北村英治さん(cl)と一緒に来られた事があります。一流のミュージシャンや歌手とご一緒される素晴らしい高浜さんのピアノで歌わせて頂き、ベースやドラムとも打ち合わせする時間もなかったのに息ぴったり。「打ち合わせしたらかえって合わないよ!」なんてサラッと笑いながらおっしゃっるところがまた憎いね〜
 そして翌日の昼間は、永谷さんのお店『銅鑼』で、リバーサイドジャズバンドのライブがあり、まだまだジャズ三昧は続きます。。。