2017年3月12日日曜日

トントン、声が出なくなる!((@0@;;))

 2月末、厳しい寒さの新潟に戻って来てしばらくすると、風邪をひいてしまいました(>0<;) その時はただの風邪と思っていたのですが、まさか、その後ウイルスが声帯に入り、そのせいで全く声が出なくなってしまうとは思いもしませんでした〜(@0@;) 歌手にとって、『声が出なくなる』というのは一番の命取りで、結局、予定していたパーティーでのライブの仕事もお断りし、ニューサンの定期ライブにも出られず、急遽、他の歌手の方に代わりをお願いするという事態になりました。新潟と大阪でそれぞれ、耳鼻咽喉科の先生に診て頂き、大量の薬と、とにかく十分に加湿された部屋で喋らず安静にするように告げられました。こんな状態で特に書くこともないし、ブログもしばらくお休みしようかな〜と思っていたのですが、マスターから「堀田さん(ニューサンの古いお客さん)に、『毎週トントンのブログ読んでるけど、マスター、相変わらず元気そうで何よりや〜』と言われたで〜」と聞いて、「えっ、ほんなら、ブログアップしてへんかったら、どないしたんやろ?って思いはるかな」と思い、やっぱりブログを書くことにしました(^^;) 例え一人でも、私のブログを読んで下さっている方がいらっしゃるなら、私は書きます!とは言っても、今回は反省ブログ・・・・・
 この2週間ほど、身体は元気なのに、『喋らず安静』って、どんなストレスフルで、そして何より仕事が出来なかった事やたくさんの方にご迷惑をおかけした事が、どんなに心苦しかったことか........。
《オトナリ》   左から)藤田俊亮(vo) 三田裕子(vo) 足立知謙(p)
パーティーの仕事も、曲まで決めていたのに、結局出られず、三田裕子ちゃんに代わってもらいました。急な申し出でに嫌な顔ひとつせず、「本当は歌えるなら、トントンさんが歌った方がいいから」と、当日の土壇場まで返事を待ってくれた優しい裕子ちゃんには、感謝の気持ちでいっぱいです。そんな裕子ちゃんは、ニューサンの第1火曜日に《オトナリ》というユニットで出演してもらっています(^0^)♪
 それから定期ライブの方も、毎月私のライブに来て下さる常連のお客さんや今月ご予約をして下さったお客さんにも、本当に申し訳なくて......。身体は元気なのに、声だけ出ないという状態が、もうホントに歯がゆくて!本当にごめんなさい!とにかく今は、早く声が回復することを願って、また、元どおりにちゃんと歌えるようになることを祈って、病気を治すことに専念します。。。

2017年3月3日金曜日

人との出逢いは、音楽から・・・

古町芸妓さんの手踊り
新潟ロータリークラブ合同例会の宴会に、『Riverside J.B with TonTon』で出演してきました。この例会の幹事さんが、以前、『新潟ジャズストリート』でリバーを聞いたことがあって、今回の出演依頼を頂きました。
 宴会は、新潟の老舗ホテル『イタリア軒』の大宴会場であり、私達の演奏の前に、古町芸妓さんの手踊りのご披露がありました。新潟古町は、日本三大芸妓の街として、京都の祇園、東京の新橋と並び称されてきました。関西人の私としては、新潟に芸妓さんがいてはるなんて、ちょっと不思議な気持ちでした。そういえば、京都の芸妓さんは当然京都弁を話しはるけど、新潟の芸妓さんは何弁を話しはるんやろ?話しかけてみたら良かったな。そうだ、リバーの演奏前に、芸妓さんの踊りを見に行った宮尾さん(ds)と遠藤くん(p)に聞いてみよう!(笑)
山田さん(tb) 《What a wonderful world》 熱演!
リバーの演奏は1時間でした。宴会の仕事はイベントと違って、ジャズや音楽に必ずしも興味がおありの方ばかりではないので、乾杯後、名刺交換や仕事の話で盛り上がり、数人でも聞いて下さってたらいい方です。演奏はほとんどBGM状態になるので、それを見越してなるべくポピュラーな、《リパブリック賛歌》や《What A Wonderful World》《You Are My Sunshine》など耳慣れた曲をお送りしました。さすが《You Are My Sunshine》は有名なので、歌ったり踊ったりされる方もいらっしゃっいましたよ〜
 打ち上げは、イタリア軒の向かいを入った小路にある割烹『神田』。こちらの女将は、先月ジョイアミーアであった、リバーの【Hot Jazz Night 6】にお越しになり、その時私のCDも買って下さったのがきっかけで、私達も最近ちょくちょく割烹に寄せて頂いてます。高級感溢れる割烹なのですが、お料理の量も多めで、しかもリーズナブルなので、是非オススメのお店です。こうして、音楽を通じてたくさんの人と輪が広がって行くなんて素敵な事ですね!

2017年2月24日金曜日

TonTonライブに 〜おひまなら来てね〜

 2月も下旬になってきたら、関西はそろそろ春の訪れを感じる頃なのですが、今年の冬はまだまだ寒さが続くようです(;_;)
従姉妹のえこ(左)とお友達、ダンスの先生(右)
今月の私のライブの日なんて、朝から雨に強風で、こんな日にお客さん来てくれはるんやろか・・・と心配していましたが、ご予約のお客さんのキャンセルもなく、ようこそお越し下さりありがとうございました!
 私が大学生の時、芦屋浜にあった『エーステニスクラブ』のスクールに通ってた頃からコーチとバリバリ活躍されていたマリちゃんが、お友達と久しぶりに歌を聴きに来てくれました。従姉妹のえこ(江里子)は、ダンス仲間と先生との再会で、お店の美味しいお料理を食べに来てくれました。関学グリークラブの名誉指揮者の広瀬さんは、声楽の先生をしていらっしゃる奥様と来て下さいました。新婚さんでもないのに手を繋いで、なんて仲の良いご夫婦❤️ こんな夫婦もいてはるんや〜(*^0^*) 広瀬さんは、シンガーソングライターで歌手の八神純子さんと共演されたことがあると写真を見せて下さいました。八神純子さんと言えば、私は彼女の全てのレコードを買い、全曲歌えたくらい大ファンで、彼女の音域の広い歌を歌いこなしたくて、
中嶋さん、ドラム叩きながらマイク片手に熱唱!
クラシックの先生について声楽を習い、学祭のステージや店で弾き語りをしていたこともありました。彼女の曲は、恋する女性の微妙な心の揺れや切ない想いがすごく共感でき、また美しいメロディーを澄んだ艶のある色っぽい声で歌う姿がたまらなく好きでした。《思い出は美しすぎて》や《サマーインサマー》など、今でもカラオケに行ったら必ず歌うレパートリーです!広瀬さんの奥様も八神純子やフランクシナトラが大好きで、私と歌手の好みがピッタリ。この日は、私のCDにも入っているシナトラの《Come fly with me》をリクエストに頂き、アロージャズの中嶋さんのドラムでスイング感満載で歌いました〜♪
 最終ステージでは、中嶋さんが五月みどりさんの《おひまなら来てね〜》を歌われ、ジャズからいきなり昭和歌謡になり、お客さんも大爆笑!これを聞けるのは、最後のステージまでいてくれはったお客さんの特権です!この曲、私も歌おっかなっ(笑)

2017年2月17日金曜日

St. Valentine's Day 2017

今年のバレンタインデーは、人気ヒップホップバンド『韻シスト』のライブの日でした。韻シストのメンバー、今日はチョコたくさんもらうんだろうな〜と思ってたら・・・やっぱり!メンバーそれぞれ、大きな紙袋に女性ファンから頂いたチョコを入れて帰って行きましたー。さすが、人気バンドは違うなー、と感心しちゃった!韻シストのメンバーはみんな呑み助だから、チョコに限らず、焼酎のプレゼントもあったよ(笑)お店に来てた若いカップルのお客さんは、女の子が彼に高価そ〜なチョコをプレゼントしてたし、もらった男の子は嬉しそ〜だったし、この日のお店の中は熱くてたまらなかったわ❤️(ほんとに忙しくて暑かったけど、、、)
この日、韻シストのSHYOU(b)が、山下達郎の《 Paper Doll 》を歌いました。「達郎なんてやるんだ〜@o@」ってびっくりしたけど、私的には山下達郎の大ファンなので、すごい嬉しかったですv(^^)v SHYOUのハスキーボイスがまた、色気があって素敵でした!こんな曲、もっとやって欲しいな〜
 私もジャズ歌手なので、たくさんのスタンダードジャズを歌っていますが、切ない恋の歌を歌っていると、やはり恋するっていいなぁと思います。それは幾つになっても。結婚したらもう恋をしてはいけないのではなく、『恋する気持ち』をいつまでも持ち続けることって素敵ですよね✨
左から、TAROW(ds) / SHYOU(b) / TAKU(g)
「ダンスの先生が美人で、週に一度、一緒に踊ってもらえるのが楽しみなんです」とおっしゃる紳士もいらっしゃるし、「子供のサッカーのコーチがカッコ良くて、練習観に行くのが楽しみ!」とか、韓流スターや『嵐』などアイドルの追っかけしてる友達もいるけど、それぞれ皆さん生き生きされてます。「コンサートに行ったら、私の顔を2度見してくれた!」とか「握手が私だけ強かった!」とか、この思い込みはすごいけど(^^;;) 毎月、MITCHのライブに来て下さる88歳の女性も、「ミッチ〜❤️」とすごい元気です。やっぱり、恋するって素晴らしい!

2017年2月10日金曜日

ジャズ三昧の後は、極寒の新潟観光

家からの眺め
新潟ジャズストリート&ホットジャズナイトのあった頃、寒波が来て雪が降りましたが、歌手である私はノースリーブだったし、その上からいくら着込んでも、とにかく寒くて寒くてしょうがなかったです。でも大阪から来られていた梶川さんご夫妻はむしろ楽しそうで、「このくらいの寒さならぜーんぜん平気。それに新雪の上を歩くのは気持ちいいね。ザッザッて音が大好き!スキー場を思い出すわ〜」とおっしゃってました。大阪は雪なんて降っても積もらないから、梶川さんにとっては新鮮だったと思います。
八千代橋で新潟島へ
スキーと言えば、私が新潟に越して来た頃、雪国経験の薄い私が、蔵王へスキーしに行くのに、まずホテルまではスーツでいいだろうと着て行ったら、なんとホテルが山頂にあり(>o<)、現地に着いたらロープウェイで山頂まで、山頂に着いたらそこから戦車みたいな雪上車で移動してエライ目にあったことがありました〜(笑)
 土日のリバーのライブも無事終わり、大阪から来られた梶川さん夫妻は月曜の夕方の便で帰られるということで、それまで新潟観光にお連れしました。(結局、欠航で飛びませんでしたが・・・)
梶川さんご夫妻 -弥彦神社にて-
新潟には観光名所があまりないので、考えた末、吹雪の中を強行で、寺泊の水産市場まで車で向かいました。日本海沿いをずっと走ったのですが、海は大しけで高波状態、挙句に遠くの海上に細い竜巻を見つけました。「この夕日ラインは、春や夏は美しい眺めで気持ちがいいんですよ〜」と説明しながら、今は全然気持ち良くないので複雑な心境でした💦 恐ろしく横殴りの風雪の中、「何かあってもご一緒ですから心配してません!」とおっしゃる梶川さんを見ると、後部座席なのにしっかりシートベルトを締められていました.....(^^;;)。無事、寺泊に着いたら、−1℃の中、魚を散策し、「安いわ〜」と、カニや鮭やたらこを買って大阪に送られました。その後、雪の舞う弥彦神社へ・・・私も雪の弥彦神社は初めてで、粉雪が降り積もった木が、まるで白樺のようでとても美しく、何とも風流な眺めでした。梶川さんも大感激!もう顔が硬直するくらい寒かったけど、喜んでもらえて良かった〜(*^o^*)
 写真もたくさん撮ったし、大阪に帰って今度の土曜日、ニューサンで写真を皆に見せながら話す梶川さんの姿が目に浮かびましたー!v(^o^)v

2017年2月3日金曜日

Hot Jazz Night 6

写真をクリックしたら大きくなります
ジョイアミーアで開催された『ホットジャズナイト6』は、ジャズストリートに来て下さるお客さんとはまた違って、リバーや私を応援して下さる身近なお客さんが来て下さいます。美容室『COCOR』で私の担当をしてくれている平方さんは、素敵なご主人と初めてリバーのライブに来てくれました。吹奏楽でトロンボーンを吹いている小学生だった小間くんも、もう中学生になっていて、「どうしてもライブに行きたい!」とお母さんに連れて来てもらってました。他にもたくさん、本当にありがとうございました!
 《You are my sunshine》を皆で歌って盛り上がってきたところで、テニススクールで同じクラスの坂井さんの奥様がちょうどお誕生日だったので、サプライズでハッピーバースデーをやりました。
美容師の平方さんと旦那さん
そしたら、他にあと2人お誕生日の方がいらっしゃいました〜(@o@) しかもそのうちの一人は、バンジョー田中くんの息子さんで、1歳の誕生日だって!(だから終わったら打ち上げずにすぐ帰ったんだな.....)この会場の中に、お誕生日が3人もいたなんてすごいね!ちなみに、私も先週お誕生日でした〜(*^_^*)
 今回のライブでは、神の手を持つ脳神経外科医、福島孝徳先生とご一緒した時に、先生からリクエストされて歌ったAKBの《365日紙飛行機》も歌いました。福島先生がこの曲をお好きなのは、人の命を預かる外科医として、この曲の歌詞が共感できるからだとおっしゃってました。こういう曲は音合わせが必要なのですが、リハーサルにかける時間もない中で、しっかり演奏してくれた遠藤くん(p)、伊藤くん(b)、木藤くん(ds)、田中くん(bj) には心から感謝でした。
一番緊張した《365日紙飛行機》
ほぼニューオリンズジャズしかやったことのない彼らが、私の無理な要望に応えてくれて、何度も原曲を聴き、各自イメージトレーニングをし、完璧に近い演奏をしてくれたことは、早稲田ニューオリの音楽的なレベルの高さをつくづく思い知らされました。更に、半音ずつ上がって行く《Mack The Knife》も、難しいキーを難なく?こなしてくれて、すごい!と思いましたよ〜。古町のバーデ『無』のママさんがこの曲を大好きで、とても良かったと喜んでくれました!
 これからも、この信頼おける素晴らしいメンバーと、よりいい演奏と歌をお届けできるように努力して行きたいと思っています。

2017年1月27日金曜日

冬の新潟2日間 JAZZ 三昧

ぽるとカーブドッチ
冬の新潟ジャズストリートはお天気に恵まれ、たくさんのお客さんがお越し下さいました!極寒でしたが、そこはさすが新潟人はタフです。そして大阪からも、毎週土曜日ニューサンのラスカルズのライブに来て下さる常連さん、梶川さんご夫妻が去年に引き続き、またこの冬も来て下さいました〜(^o^)/ 遠路遥々ありがとうございました!
 最初の会場は、コーヒーショップ『』。今年の干支は酉(とり)なので、《Chichen ain't nothing but a bird》は絶対歌おうと思ってました!この曲はリズムも歌詞の内容も面白くて、『鶏は、とり以外の何ものでもない・・・?』(^_^;) とにかく、鶏はとっても美味しいよ!という歌です(笑)トラッドジャズやブルースは、こんな風に生活の中でのたわいもないことが歌詞になることが多いです。歌っていてもすごく楽しくて、私は大好き!
テニスの長嶋さんと長谷川さん
 続いて、イタリアンレストラン『ぽるとカーブドッチ』。ここは『G7農相会議』の昼食会場となった由緒ある歴史的建造物ですが、町の中心部から少し離れているので、いつもお客さんが来て下さるか心配してしまいます。でも会場に入ると、なんとテニスのお友達が来てくれててビックリ!他にも、私のブログを見て来て下さったというお客さんもいらっしゃいましたー(@0@) 嬉しいなあ〜。こうして意外な方とお会い出来るのがジャズストリートでもあり、サプライズみたいで私も感激です!演奏時間がちょうど夕刻の2時間だったので、窓から暮れゆく風景をバックに演奏するのも素敵でした。ここは天井も高く、音響がいいので、物凄く気持ち良く歌えます。
Monk's Mood
特に、ピアノの遠藤くんからのリクエストでロマンティックな曲、《Stars fell on Alabama》は、Twilight Time にピッタリな感じでした。「生演奏を初めて聞いて楽しかったー!」と言ってもらえて、こうしたライブをもっと身近に気軽に聞きに来てもらえたら、とても嬉しいです。
 この日はハードな1日で、夜もライブがありました。けやき通りにある新しいジャズスポット『Monk's Mood』。お洒落なジャズバーで、これから新潟のジャズミュージシャンが活躍出来る場所になればいいな〜と思います。この後、古町にある『和夢』というお店でブリしゃぶの打ち上げ、翌日はジョイアミーアで『ホットジャズナイト6』と、まだまだジャズは続きます。。。