2018年5月19日土曜日

新宿 春の楽しいジャズ祭り2018

都庁スイングビーツと。リハーサル?じゃないよ!
今年も新宿文化センターで、【新宿春の楽しいジャズ祭り】が開催されました。全館借り切って、たくさんのジャズバンドがあちこちの会場で演奏します。私のまず最初のステージは『石田フレンズ』。今年3月に亡くなられたリーダーでバンジョーの石田亘さんの追悼ライブに私も参加させて頂きました。ガンを患われていた石田さんの希望により、ニューサンで一昨年4月と、更に昨年12月の2回、『昼下がりのジャズライブ』をすることができました!そんなご縁もあって、石田バンドで2曲ほど歌わせて頂きましたが、一番後ろの隅に立ってらした奥様が、涙を拭いながら聞いていらっしゃるお姿には、私も涙をそそりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
マリアエヴァちゃんとデュエット(^^)
この日は朝から喉が痛くて、お昼に東京に着いた頃には、鼻水ダラダラ、おまけに熱っぽくなってきて風邪引きでの参加となりました。それでも、『都庁スイングビーツ』との共演でマイクを握ると、鼻水も止まり何とか歌えましたが、後で聞いたら、鼻をすする音がマイクに入っていたとか・・・💦これから鼻をすする時は、マイクを離そう(ー_ー;)
 和室での私のボーカルライブのメンバーは、ピアノ大橋高志さん、ベース矢野伸行さん、ドラム細野賢さん。お馴染みのメンバーですが、特に関西出身の大橋さんとは、彼がツッコミ私がボケるという、まるで漫才コンビのようにトークも息ピッタリで、とても楽しいライブになりました。
福田さんのトロンボーンと一緒にゴスペルを歌う
おまけに、何と!私の大好きなフィリピン出身のボーカリスト、マリアエヴァちゃんがお客さんで聴きに来てくれて、とても嬉しかった!(❤︎0❤︎) ステージの後半には、彼女も1曲《Over The Rainbow》を歌ってくれて、最後の曲は二人で《Mack The Knife》を歌いました。すごくスリルがあって楽しかったよ!
 最後のステージは、『リバーサイドジャズバンド』。ここには、山田さんのトロンボーンに加え、ラスカルズのトロンボーン福田恒民さんが参加されて、最強のリバーサウンドをお届けできました!私の歌で《Precious Lord, Take My Hand》では、福田さんのピアニシモでのソロの音色がとても美しかったですよ〜。福田さんも、いつものラスカルズより楽しそうに演奏されているように見えたのは、私だけでしょうか?6(^^;;)

2018年5月9日水曜日

OSAKA ビッグリバージャズフェスティバル 2018

今年も、爽やかな初夏の風の中で、ビッグリバーは開催されました。と言いたいところだけど、実際は『爽やか』というより寒かった! 私は今年は司会のため、ずっと野外ステージの脇の日陰に座っていたので、特に寒かったです~_~;;
リバーサイドジャズバンド+TonTon(vo)
毎年司会のクリスとアシスタントをしているアナウンサー永倉由季さんにリードして頂いて、私はバンドのご紹介などさせて頂きました。たくさんの方に、「トントン、今年は司会も歌も両方やって大変やね〜。頑張ってね!」と声をかけて頂き、とても励みになりました〜。ありがとうございました!
 今年もODJCマーチングバンドの演奏から始まり、地元大阪のニューオリンズジャズバンドや、広島からHIROSHIMAホットキャッツ、東京から早稲田大学ニューオリンズジャズクラブ、新潟からリバーサイドジャズバンドが出場したわけですが、今年初めてステージに板付で全部のバンドを聴かせて頂きました。
司会の由季ちゃん(右)と
特に印象に残ったのは、現役早稲田ニューオリンズジャズバンドのベース女子で、3回生の浅野みくるちゃん。大学に入ってからベースをやり始めたということで、まだ3年なのに《Dippermouth Blues》など、曲の最初から最後までスラッピングで弾く彼女はカッコよかったよ〜!スラッピングと言えば、同じ早稲田ニューオリの大先輩、小林真人さんや、リバーでもお馴染み伊藤譲一くんもカッコいいんだけど、彼女もやはり「お二人とも大憧れの先輩方です!!」って言ってました〜v(^^)v。ビッグリバーは11時から5時までという長丁場ですが、最初から最後までお客さんも聴いて踊ってとても楽しそうでした(^o^)♪
早稲田ニューオリ創立者 河合 良一(cl)
昨年に引き続き、新潟からリバーサイドジャズバンドも出場しましたが、正式メンバーが揃わない中、早稲田OBのピアノ遠藤くんが休みを利用して東京から駆けつけてくれたので、とても有り難かったです。ジャズボートでのレッドビーンズの演奏も、ピアノに遠藤くんが入ってくれたので、私も余裕で楽しめました!今年の大川のジャズボートは、銀橋、天満橋を越えて、北浜、さらに中之島まで、普通やったら往復40分のところ、50分も遊覧してくれて、お天気もいいし、すごく気持ちよかったですよ。新潟も信濃川という大きな川があって、大阪同様『水の都』ですが、大阪みたいに都会の真ん中を船でゆらゆら揺られながら観光するのもいいですね。

2018年4月23日月曜日

NEW ORLEANS JAZZ at CHURCH 2018 〜Spring Concert〜

2018年春の島之内教会でのニューオリンズジャズコンサートは、少し花冷えの寒さでした。そのせいか、少し空席が目立ちましたが、5月の連休からまたジャズイベントがたくさんあるので、今はちょっとお客さんも充電期間かな?
私、しゃべってます(笑)
今回の教会でのコンサートは、いつも司会してくれるクリスが不在の為、私が初めての司会を務めさせて頂きました。クリスは、大阪のミュージシャンやお客さんを連れて、ニューオリンズの【フレンチ・クオーター・フェスティバル】に行ったのですが、Facebookからの情報に寄りますと、向こうは嵐のようなお天気で、中止になったそうな、、、それで仕方がないので、みんなで部屋飲みしているらしいですよ〜(^^;;) すっごい可哀想だね、ニューオリンズまで行って・・・。
今回のゲストは、東京から『ハイタイムローラーズ』が出演してくれました。ハイタイムは、1999年に早稲田ニューオリンズジャズクラブOB(ラスカルズの河合さんの後輩)を中心に結成されました。
ハイタイムローラーズ
メンバーは、曽我清隆(tp/vo)、タイロン安在(cl)、芳村武郎(tb)、佐藤絵理子(p)、五味伯文(bj)、根岸潤一郎(b)、ケニー須崎(ds)の7人編成。トラッドなニューオリンズジャズをベースに、彼ら独自のアレンジでブルージーに、時にはファンキーに聴かせてくれる、とてもアマチュアとは思えない、個性的かつ技術力のあるバンドです。リーダーでトランペットの曽我さんは歌も上手で、お客さんを巻き込んで会場を盛り上げてくれるエンターテイナーですよ!彼らは前日から大阪に来ていて、土曜日のラスカルズのライブでも演奏してくれました。私も2日間ずっと聴かせてもらいましたが、しっかりしたリズムと、耳馴染みの曲でも、彼ら流のちょっと手を加えたアレンジが新鮮で面白くて、すごく楽しかったです!ハイタイムは、また7月7日(土)にニューサンでライブをします。翌日、日曜の昼下がりライブもありますので、是非聴きに来て下さいね〜(^.^)
 私の初めての司会はと言いますと・・・とても勉強になりました〜。歌の合間のMCとはまた全然違って、時間通りに進行するところは一緒だけど、メンバーの名前やバンド紹介など、限られた時間内で速やかに正確に滑舌よくお客様にお伝えしなければなりません。5月のビッグリバーも頑張りますので、是非見に来て下さい!(笑)

2018年4月7日土曜日

4月/5月のジャズイベント&ライブのお知らせ

【 NEW ORLEANS JAZZ at CHURCH 2018 〜 Spring Concert 〜 】
4月15日(日) 14:00 〜 17:30  場所:島之内教会 予約・前売 ¥2,000  当日 ¥2,500
 ☆今回のチャーチのゲストは、東京からハイタイムローラーズ。ラスカルズのリーダー河合さんの後輩で、早稲田ニューオリンズジャズOBのメンバーです。アマチュアといえども腕前はプロ並みで、彼ら独自のニューオリンズサウンドを聴かせてくれます。そして、いつもの司会クリスがニューオリンズに行き不在なので、代わりに私が司会を務めることになりました!もちろん歌も歌いますが、司会デビューなので緊張です(^^;;)

大川の桜並木(天満橋より)
【 TonTon 定期ライブ 】
4月16日(月) ニューサントリー5 ❶19:30〜 ❷20:40〜 ❸21:50〜
多田 恵美子(p) 山本 久生(b) 中嶋 俊夫(ds)

【 OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018 】
5月5日(土) 11:00 〜 17:00 (無料) 
会場:OAPタワー1階 大川側特設スペース
JAZZ BOAT ひまわり(¥2,700 1ドリンク付)
第3便 15:30 〜
 ニューオリンズレッドビーンズ+TonTon
 ☆司会のクリスは別の仕事のため、この日も私が司会を務めますo(^^)o

【 第14回 新宿 春の楽しいジャズ祭り
5月12日(土) 11:00 〜 20:30  会場:新宿文化センター全館(館内14会場)
   チケット:前売券¥3,000 当日券¥3,500 *高校生以下無料 *新宿区民割引有り
◉ 13:30 〜 14:10 大ホール 都庁スイングビーツ ゲスト:TONTON(Vo)
◉ 14:15 〜 14:55 COZY CORNER(4階和室) TONTON(Vo) 大橋高志(p) 矢野伸行(b) 細野賢(ds)
◉ 15:45 〜 16:25 DIXIELAND HALL(4階第1会議室) リバーサイドジャズバンド with TONTON

Do-Live DORA 】 
5月13日(日) 13:00 〜 16:30  会場:銅羅(入場無料)
◉     菅野淳史(tp) 白石 幸司(cl) 板谷大(p) ジョニー黒田(ds) 田野重松(b) TonTon(vo)
◉     リバーサイドジャズバンド+TonTon(vo)

【 TonTon 定期ライブ 】
5月21日(月) ニューサントリー5 ❶19:30〜 ❷20:40〜 ❸21:50〜
杉山 悟史(p) 荒玉 哲郎(b) 永田 充康(ds)

2018年3月28日水曜日

角松敏生 meets アロージャズオーケストラ Vol.4

 毎年春といえばもう欠かせない【角松敏生 meets アロージャズオーケストラ】のライブに、今年も当然!行ってきました。2015年から始まって、今年の春で4回目、角松さんも「もうこれがなきゃ1年が始まらない」とおっしゃってました。
 今回のライブでは、ジャズオーケストラとならではのジャズスタンダードナンバーや、角松さんのオリジナルのニューアレンジバージョンなど、バラエティーに富んだ内容で、またまたとても楽しませてくれました。
今回これだけ曲に様々な取り組みがあったのは、4月25日にリリースされる角松さんのニューアルバムの中からのご紹介というのもあったわけです。アロージャズと共演する機会が持てたからこそ、また新たな取り組みや発想が生まれたとおっしゃってましたが、来月発売される角松さんのCDは、アローのメンバーもピックアップで参加されています。彼のオリジナル《Can't you see》では、一番の年長者であるトロンボーンの宗清さん、今回ニューバージョン、アテンアレンジで収録された《Take you to the sky high》ではトロンボーンの中島徹さんが、なんとピアノで参加されているそうです。多才ですね!そして他にも、たった8小説の演奏の収録のために東京に呼ばれたメンバーもいて、そのこだわりが角松さんの譲らない完璧さなのだと、私も益々そのCDが楽しみでなりません!そして更に、アローも今年60周年ということで、5月下旬にCDを発売されます。「5月下旬っていつやねん!」と角松さんに突っ込まれてましたが、こちらも、一昨年サンケイホールで角松さんと共演された時に、彼が歌ったスタンダードナンバー《Beyond the sea》が収録されてるそうですよ〜。
 彼のオリジナル曲《ANKLET》や《I'll call you》などに加え、今回アローとの共演では初めて聴かせてもらった《Airport Lady》《Take it away》は、オリジナルの中でも私の最も好きな曲で、密かに大感激してました❣️最後に鳴り止まないアンコールでは、いつもの《Take you to the sky high》をCDに収録されたラテンアレンジで!中嶋さんのドラムと角松さんのパーカッションとの共演が最初にあり、それがめちゃ難しいアレンジなので、角松さんが演奏前に「ちょっと練習させて」と。「僕がアレンジしといて・・」と角松さん首を傾げながら笑ってました。もう来月発売のCDが楽しみでなりませ〜ん (❤︎0❤︎)~♪

2018年3月21日水曜日

八神純子 プレミアム・シンフォニック・コンサート with 杏里

八神純子さんのコンサートに行ってきました。『みずいろの雨』で大ブレイクし、その後80年代に次々とオリジナル曲でヒットを出してきたシンガーソングライターで歌手であります。彼女は、私が「歌手になりたい!」と心に強く思った原因となった憧れの存在です。キーボードを弾きながら歌うかっこいい姿と美声に憧れて、ピアノはもちろん、声楽も習い、文化祭では彼女を真似して歌ったものです(笑)彼女へのこれほどまでの憧れがなかったら、今の私の声の基礎はなかったかもしれません。そろそろ還暦とは微塵も感じさせない声量と、高音でもブレない艶のある天使のような歌声は、ポップス界のオペラ歌手といっても過言ではないと思います。
 真っ白のドレスを身にまとい、背筋をまっすぐ伸ばして堂々とステージの中央まで、そして深々と頭を下げてお辞儀をし歌う姿に、最初からそのオーラに圧倒されながら、感激で聴いていました。彼女は、チャリティーコンサートもたくさんされていて、三陸沖地震で出会った人々やご自身が強く感じたことを話していましたが、その話を少しここに書かせて頂きます。
 いつも一緒にいる人に、感謝の言葉や自分の気持ちを、「今言わなくても今度言おう」と思っているうちに、その大切な人ともう二度と会えなくなってしまった。そして、その大切な人ともう一度だけ会いたい!もし、その人と10秒だけ会えるチャンスを神様が与えて下さったら?そしてそれが、これから自分が生きる1年との引き換えだとしたらどうしますか?そんな想いを込めて作られた曲、『約束』と『1年と10秒の交換』を歌ってくれました。彼女のその歌へ込めた想いや情熱が、ものすごい歌唱力で私の身体中に響き、「私は絶対泣かない!」と思いながら泣いていました。こんな風に、自分の想いを歌にしてたくさんの人に伝えていけることって、本当に素晴らしい!!


 この日は、ラッキーなことに、私のもう一人の憧れのアーティスト、杏里も友情出演していました。二人ともロスに住んでいた頃からの親友らしいです。杏里のソロで『オリビアを聴きながら』、お二人のデュエットで『悲しみが止まらない』を熱唱してくれました!この日、私はたくさんの素晴らしいものや明日への希望を、このコンサートで頂きました❤️

2018年3月7日水曜日

GEOFF BULL BAND at エクシブ琵琶湖

エクシブ琵琶湖
ラスカルズのリーダー河合良一さんが企画する【JAZZ at エクシブ琵琶湖】も、今年で11回目になります。今年は、『GEOFF BULL INTERNATIONAL JAZZ BAND』の滞在に合わせて、2月下旬にそのホテルでの盛大なジャズパーティーが催されました。エクシブはとってもゴージャスなホテルですが、ほとんど寝にだけ部屋に戻るので、いつも勿体ないな〜と思います。お部屋はとっても広くて、リビング、ベッドルーム、浴室だけでなく、立派な和室まで付いていて、素泊まりなんてホント勿体ない!だから私はディナーが終わったら、さっさと部屋に戻ってきて、ゴージャスなジャグジー風呂に入り、天井まで届くくらい泡泡に包まれて、半ば窒息しそうになるくらい楽しみます!とまあ、そんな話はさて置き・・・(^^;;)
ジェフ・ブル(中央)を囲んで
出演バンドは、いつものようにODJC所属のニューオリンズジャズバンド、それに毎年東京から『ジャズハウンズ』や、河合さんの後輩で早稲田のニューオリンズジャズクラブのOBもたくさん参加されてました。いつもニューサンに来られるお客さんも、この日はドレスアップして参加されます。私個人的には、日頃なかなか会えないラスカルズのご家族と会えるのも懐かしくて嬉しいです。パーティーが終わると、いつものように河合さんが用意した広いお部屋を二つ開放して、2次回パーティーが行われます。私はこれには参加せず、ジャグジーへ・・・(笑)。翌朝は、ホテルのチャーチで、ラスカルズとジェフバンド、ハウンズの演奏があり、その後ランチパーティーがあったそうです。私は残念ながら、仕事の関係で参加できなかったのですが・・・。
Just A Little While To Stay Here !
この日琵琶湖の後は、河合さんがジェフ御一行を、今度はエクシブ京都に連れて行ってあげたそうです。その後、まださらにジェフバンドのメンバーの数人は1週間滞在し、2月最後の土曜日もニューサンでのラスカルズのライブで演奏しました。ジェフバンドの『間』を感じる余裕の演奏は、素晴らしいものでした。皆さん紳士で人柄も良く、滞在が2週間と長かったので、お別れも淋しかったです。河合さんも今年で80歳を迎えるのですが、この来日企画全て彼一人でやり、琵琶湖ホテルの席順まで決められるのにはびっくりしました。さすがにご本人も「疲れた」とおっしゃっていましたが、無理をしないで、これからものんびりジャズを楽しんで欲しいです。。。