2016年9月30日金曜日

《神の手》Dr.福島孝徳&東京オールドボーイズ大阪ライブ

先生の手術を受けて、こんなに大きくなりました!
ニューサンで『神の手Dr.福島孝徳&東京オールドボーイズジャズバンド』のライブがありました。私は先生とは初対面だったのですが、第一印象はスラリと背が高く、ガッチリとした体系で、テレビで見るよりカッコいい〜先生でした!お客さんに終始ニコニコと笑顔で、お話や写真撮影、サインまで受けてらっしゃるお姿は、まるで芸能人みたい☆ お客さんの中には、先生に手術を受けた小学生の男の子も来てました。「この子はもっと小さい時に手術をしたんだけど、難しい手術でどうなるかわからなかった。でも今こうして元気に成長してくれてとても嬉しい!」と福島先生、男の子の頭を撫でて喜んでおられました。福島先生は「とにかく自分の手で一人でも多くの患者の命を助けたい!」と、その為に世界を飛び回っていらっしゃる、そんな心優しい先生です。
神の手Dr. 福島孝徳&東京オールドボーイズJB

 6時半からライブが始まり、1ステージは『東京オールドボーイズ』、2ステージは『ラスカルズ』、そして3ステージが『トントン On Stage』でした。先生から頂いた選曲《St. Louis Blues》《Route66》を歌った後、先生からのリクエスト、AKB の《365日紙飛行機》を歌いました。この日、メンバーの入りがギリギリで、リハも全く出来なかったので、口頭での打ち合わせのみでぶっつけ本番だったのですが、バッチリ上手く行きました!福島先生のドラムも「お忙しいのに、いつ、どこで練習されているのか?」と思うくらいお上手で、びっくりポンでしたよ〜!
福島先生の神の手! (*^^*)

 最後のジャムセッションでの福島先生のドラムソロは、彼の師匠と仰ぐラスカルズの木村さんそっくりな素晴らしいドラムを叩かれてました!今年12月23日(木)に、クリスマスライブを『浅草HUB』でされるそうですが、私も出演させて頂く事になりました。その時は私の大好きなクリスマスソングもお送り出来たらいいな〜と思っています。そして近く、10月4日(火)夜7時から、大阪朝日放送、東京テレビ朝日の番組で、『林修先生の今でしょ!講座』の中の【奇跡の治療】に福島先生がご出演されます。74才というお年で、疲れ知らず、1分でも無駄にする時間も惜しんで患者さんの命を助けたいとおっしゃる、まさに神から使わされた福島先生を、是非ご覧になって頂きたいです!

福島先生のリクエスト《YMCA》で大盛り上がり!


2016年9月23日金曜日

第1回 お初天神音祭り2016

純ちゃん(bj)とマスター ー 商店街パレードにて ー
ニューサンは『お初天神商店街』の中にあるのですが、その『曽根崎お初天神通り商店街会』の主催で、【第1回 お初天神音祭り】が開催されました。お初天神境内に特設ステージを設けて、無料で1時から6時まで5つのバンドの生ライブを聴けるという、贅沢で楽しい企画です。ニューサンからは、ファンクバンド『 Heartful ★ Funks 』と、ニューオリンズジャズバンド『 Mahogany Hall Stompers 』が出場しました。でもちょうど台風が近づいており、野外コンサートなので、一時は中止か?なんて事にもなりそうだったのですが、強行で開催に踏み切ったら、午後には雨も止んで、無事進行されましたー!
Heartful ★ Funks 
商店街会の方々は、明るくて楽しい方ばかりで、晴れ男の集まりだったのかもね〜^^
 私は従妹の奈穂と、梅地下『マルシゲ』の店長かよちゃんを誘って、応援に行きました。音祭りは、11時半からマホガニーホールストンパーズの商店街パレードを皮切りに開催されました。 境内に入って行くと、商店街の美味しいお好み焼やさん『ゆかり』が、焼きそばやお好み焼の屋台を出していましたし、冷たいドリンクも用意され、更に地酒の試飲会なども行われていました。まさに商店街が協力し合っての手作り感がとてもアットホームで、大阪の人情溢れる下町ムードが良かった〜(*^o^*)
奈穂と富樫くん (vo)
お店のお客さんで野間本さんや中井さん、古島さんも来てらっしゃったし、店のバイトの美香ちゃんも娘のルカちゃんを連れて聞きに来ていました。司会は『FM COCOLO』の人気DJクリス。顔は外人なのに大阪弁で司会するところが面白い!演歌歌手の神野美伽さんも出演されてました。私のお目当ては『 Heartful ★ Funks 』。彼らのステージの前には、小さなお子さんから年配の方まで幅広いファンが来ていて、皆さん暑さも忘れて踊ってましたー!
 第1回目ですが、台風が近づいているわりには、思ったよりお客さんも来て下さってホッとしました。ニューサンでの打ち上げで、会長さんも「商店街活性化の為にも、今後も続けて行きましょう!」とご挨拶されていたので、次はもっと告知して、たくさんの方にお越し頂きたいと思っています。

2016年9月16日金曜日

9月/10月のイベント&ライブのご案内

9月上旬に、アフラックの副会長であるおじさんの軽井沢の別荘に行って来ました。ロッジ風の素敵な別荘で、ここにも熱海の別荘と同じく、『ネコとアヒル』の人形がたくさん置いてありましたー(笑)可愛い〜ッ♡
 アウトレットでは、盲目のピアニスト辻井伸行さんをお見かけしました。先日ニューサンでラスカルズとお店のネット番組を収録して下さったプロデューサーの堀内さんが、辻井さんの専属プロデューサーでもあり、お二人でお店に来て下さったこともあります。ちょうどこの時期に辻井さんは軽井沢でご自身のオリジナル曲の演奏会をされているそうです。毎年あっという間にチケット完売だそうです。
☆ 9月18日(日)【 お初天神音祭り2016
 今年初めて開催される大阪『露天神社(お初天神)』での音楽祭です。境内特設ステージには、ニューサンからは《 マホガニーホールストンパーズ 》と、私の大好きな《 Heartful Fanks 》が出場するので、当然私も見に行きます!入場無料なので、お気軽にお越し下さい!

☆ 9月19日(月)【 福島孝徳と東京オールドボーイズ 】
 世界的に有名な、‘GOD HAND’を持つ脳神経外科医の福島先生(ds)のニューサンでのライブです。先生が尊敬されているラスカルズの演奏もあります。世界を飛び回ってお忙しい福島先生のライブは2年振りです。是非この機会をお見逃しなく!

☆ 9月23日(金)【 ニューサン定期ライブ 】多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds)

☆ 10月8/9日(土/日)【 神戸ジャズストリート
 爽やかな秋の神戸をジャズと共に散策して下さい!
《10/8(土)》
 ● 12時〜 『Day By Day』 秋満義孝(p) 光岡尚紀(b) 藤田洋(ds) 鈴木直樹(cl) 森朋子(vo)
 ● 15時〜 『神戸バプテスト教会』 ニューオリンズレッドビーンズ + 森朋子(vo)
《10/9(日)》
 ● 12時〜 『北野工房のまち』 花岡詠二(cl) エンゲルベルト・ロウベル(cl,sax) 
                マロ・マズリエ(tp) 青木研(bj) 山本琢(p) 井桁賢一(tuba) 
                ブルックス・テグラー(ds) 森朋子(vo)
 ● 15時〜 『神戸バプテスト教会』 ニューオリンズレッドビーンズ + 森朋子(vo)

☆ 10月17日(月)【 ニューサン定期ライブ 】多田恵美子(p) 山本久生(b) 中嶋俊夫(ds)

☆ 10月30日(日)【 東大阪・鴻池 JAZZ STREET 2016

2016年9月9日金曜日

第110回AJO定期演奏会&角松敏生さん

 アロージャズオーケストラ110回目の定期演奏会に行って来ました。もちろん、ドラムの中嶋さんからのお声がけがあったのですが、それには理由がありました。私の大好きな角松敏生さんがゲストだったからです!ここ2年ほど、アローと角松さんが共演されていますが、角松さんのアーティストとしての素晴らしさに惹かれて、事務所の社長さんである西田さんが今回のゲストにお招きしたそうです。本当に角松さんは素晴らしい才能をもった凄いアーティストだと、誰もが認める存在であると私も思います。初めて会った誰もが、角松さんの魅力に引き寄せられていくのです。
『サンケイホールブリーゼ』であったコンサートは、1部はアロージャズオーケストラの演奏でした。最初の曲から《 Hallelujah Time 》というアップテンポの曲で引き込まれ、特に Asax & Tsax のソロの掛け合いは圧巻でした!「いつの間にアローにあんな若いイケメンが・・・」と、ちょっと別の意味でも惹き込まれました〜(笑)その後も次々と素晴らしい演奏を聞かせてくれ、メンバーのパフォーマンスも面白くて、さすがエンターテイナーだと感心させられました。あっという間に1部が終わり、「えっ、もう終わり?!」と感じさせるところが、さすがです!
 2部は何と最初から角松さんが出演されました。ゲストだから、「2部のうちの何曲かかな〜」と思っていたのですが、約1時間たっぷり角松さんが聞けて、お得感満載でした!今回は角松さんがゲストということもあり、角松さんもアローを立てて、リーダーの宗清さん(tb)に話しかけたりしながら進行されてました。その宗清さんのソロを聴かせる角松さんのオリジナル《 Can't You See 》では、都会的センス溢れるその曲と角松さんの艶のある声、そして宗清さんのトロンボーンソロが、私的にはたまらなくそそられましたー(((*♥0♥*)))  ただ、2部に角松さんが加わってから、譜面台の位置がずれ、1部で気になっていたイケメンボーイが、その譜面台に隠れて最後まで見えへんかったのは残念やった....(^^;;)
 来年の冬もまた大阪でアローと共演されるそうです。質の高い、素晴らしいバンドとアーティストの共演は、夢と憧れの世界へ導いてくれます。また来年絶対行きます!

2016年9月2日金曜日

【光明池たそがれコンサート】/『ラスカルズ』ネット番組の撮影

金田たつこさん(ukulele)、小林真人さん(b)と
今年の【光明池たそがれコンサート】は、昨年の蒸し暑さと違って、比較的涼しくホッとしました。メンバーは、いつものように多田恵美子さん(p)、中嶋俊夫さん(ds)、そして光明池だけはいつもベースに小林真人さんを東京からお招きしています。私達の演奏前に、去年まで結美ちゃんのボサノバライブがありましたが、つい最近結美ちゃんはママになったので、今年はバンジョープレイヤーの金田たつこさんが初登場。「たっちゃん」と呼ばれて親しまれている彼女は、ニューサンでも、クラリネットの吉川裕之さん率いる『Breeze of Dixieland』というバンドのバンジョーで、毎月第一水曜日に楽しいライブをしてくれています。今回このコンサートでは、ウクレレを奏でながら演奏と歌を聞かせてくれました。
たっちゃんと “On The Sunny Side Of The Street”
暑い夏の黄昏に、ウクレレ演奏と彼女の爽やかな歌声は、会場をとても和ませてくれました〜。たっちゃんの演奏の後、私達のジャズコンサートでしたが、客席にはニューサンの常連さんなど、見知ったお顔が結構いらっしゃり、とても嬉しかったです!《On The Sunnyside Of The Street》では、たっちゃんにも飛び入り参加して頂き、お客さんも一緒に歌って盛り上がりました!
 その夜ニューサンでは、ニューオリンズラスカルズの演奏にベースの小林真人さんがジョイントして、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。力強いスラッピングをする彼が入ると、こんなにも変わるのかと思うくらい、この日の演奏は迫力があったと思います。
ラスカルズ+小林真人さん(b)
この日はジャズのネット番組の撮影もありました。結成55年を迎えたラスカルズが、ニューサンのオープンから46年間毎週土曜日ライブを続けて来た凄さや、ニューサンが46周年を迎えたことなど、ラスカルズのリーダー河合良一さんや、ニューサンのマスターのインタビューを交えながらの収録でした。私も《St. Louis Blues》を歌いましたー(^0^) ♪ また配信される頃に、番組のアドレスをお知らせ致しますので、是非見て下さいね〜!最近、SMAPが28年で解散してしまいましたが、グループで55年も続ける事がどれだけ大変な事か!ジャズへの熱意だけでなく、忍耐と妥協も当然あったと思います。それでもこうして55年間続けて来られた事に、私は尊敬と拍手喝采をお送りしたい気持ちです。これからもこの素晴らしいニューオリンズジャズをずっと演奏し続けて欲しいと心から願っています。

2016年8月26日金曜日

移り行く時代と共に46年!

ニューサンの歴史を語るマスター
今年もニューサンは46年目の夏を迎える事が出来ました。ありがとうございました!これもニューサンを応援して下さるたくさんのお客様と、素晴らしいライブを繰り広げてくれるミュージシャン達、そしてお店の為に一生懸命働いてくれるスタッフのお陰です。本当に感謝しています!お店は5時半からオープンなのですが、この日は5時過ぎからお客さんがもうお越しになり、ライブが始まる前には満席になりましたー。福引きも「当たったー!」というお客さんに、ママが「はずれはないの!」、「あ、これカスかー?」と聞くお客さんに「カスはないの!」とか言い合いながら、ママと受付で福引き遊びを楽しんで入って来られました(笑)司会進行はおなじみクリス。
弾き語りもやりました💦
最初のステージは、ラスカルズから大御所トロンボーンプレイヤー福田恒民さんとバンジョー川合純一さんにご参加頂き、ニューオリンズジャズバンドの演奏でした。私がピアノを弾き、マスターも《 Too Young 》を歌いました♪ そしたらお客さんが、「《 Too Old 》やろ〜」やて!(笑)「ウマい、さすが大阪人!」めちゃウケた (((>0<)))
 マスターの挨拶では、「しょうもない福引きですが、楽しんで頂けましたでしょうかー(笑)毎年周年祭に来てくれはる人のボトルは、前もって用意してありますが、今年は2人来られませんでした。病気か、もしや亡くなりはったんやろか〜とか心配してしまう.....もうそんな年ですが、我々はまだまだ元気に頑張って行きましょう!」という言葉に皆さん拍手で応えて下さいました。
46周年祭 ニューオリンズジャムセッション
 2ステージ目は、最近ニューサンでは、“韻シスト”などで活躍してくれているピアニスト足立知謙くんと、フラット5のコルネット中山聖さんに初参加して頂き、カルテットに飛び入りボーカルでお楽しみ頂きました。ラスカルズの木村陽一さんや、毎月第3火曜日にライブ出演してくれている三田裕子ちゃん、お祝いに駆けつけてくれてありがとう!
 最後のステージは、ミッチ(tp)&ミチヤス(ds)コンビ中心のニューオリンズジャムセッション。ニューオリンズ在住のピアニスト辻井くんも参加して《You Are My Sunshine》は、お客さんと全員で大合唱。さすが盛り上げ上手なミッチでしたー!
 ラスカルズが中心だったニューサンも、最近はミッチやミチヤスだけでなく、平祐くん(cl)や秋定くん(tb)など、若手のミュージシャン達も活躍してくれて、時代の移り変わりを感じます。これからも変わりゆく時代と共に、マスターを中心に頑張って行きますので、どうぞよろしくお願い致します!

2016年8月18日木曜日

佐渡へ来いっちゃ!

新潟ジャズストリートが終わると、お盆まで新潟でのんびり過ごします。今年は佐渡に行って来ました。最近は、佐渡汽船のカーフェリーも新しい船があり、船内はとても綺麗で快適な船旅を楽しめます。
デッキで海を眺めていると、人慣れしたカモメが近くまで寄ってきます。目的は『かっぱえびせん』ですが.....(笑)佐渡は新潟と違って温暖で、冬は新潟ほど雪も降らないし、自給自足をして生活もできるそうです。ご存知、朱鷺の生息地として有名ですが、他に観光としては佐渡金山や・・・海岸では、たらい舟やグラスボートなどで楽しめるし、お寺もたくさんあります。 新潟同様あまり有名な観光地はありませんが 、本当にのどかで『ザ・田舎!』という感じ。ボーッとするには最高ですよ!
残暑お見舞い申し上げます!
夜は、ホテルの露天風呂から満天の星を眺める事が出来ました。都会と違って真っ暗なので、目の前に広がる日本海の天上には、まるでプラネタリュウムのように星が輝き、もう大感激!「あれは北斗七星で、あれが北極星で、あっちがカシオペア座で・・・」と、大切な人を想いながら♡ロマンティックな星の世界に浸っていました〜☆
 佐渡の海岸沿いをドライブしていると、目の前に広がる田園の向こうに雄大な日本海がずーっと続きます。ただ海が見えるだけじゃなくて、その田園の緑と真っ青な夏の海のコントラストが美しく、これが素敵でホント夏の絵はがきにピッタリな感じなのです。すると突然ひまわり畑が目の前に現れました。大きなひまわりが1本でも素敵だけど、これだけ沢山のひまわりが風に吹かれてそよそよとうごめいている姿も、めっちゃカワイイ!思わず、車を止めてひまわりさん達との記念写真をパチリ!田園風景と青い空と海に黄色いひまわり、これで私の暑中はがきは完璧になりましたー!((*^o^*))//
 実は、佐渡に行った目的はもう一つあります。来年の夏に、佐渡でジャズパーティーが出来たらいいなと思っています。もし実現出来たら、新潟や大阪、東京のお客さんも、また皆で行けたら楽しいだろうな〜。。。